スマイルは岡山県北の子育て情報サイトです。子育てに関する情報を発信しています。

TOP  >  子供の病気・症状辞典  >  目の病気  >  さかまつげ
トップ  >  目の病気  >  さかまつげ

さかまつげ

まつ毛が目黒に触れてしまう
【こんな病気】
目の中の方向へまつ毛が生えています

下まぶたに起こることが多く、まぶたが内側に向いているために、目黒(角膜)にまつ毛が触れ、傷をつけてしまいます。症状は涙が出る、目をこする、まばたきが多い、目やにが出る、充血しやすいなどです。

【治療と家庭でのケア】
多くは成長とともに治ります

まぶたの脂肪が減ってくる1歳過ぎころには、自然に治ってくることが多いものです。それまでは様子を見ますが、症状が強い場合は角膜保護剤、抗生物質の点眼薬などを使います。3歳過ぎてもまつ毛の向きが治らず、角膜を傷つけるおそれがある場合は、手術をすることがあります。医師と相談しましょう。全身麻酔をかけて行いますので、入院となります。