スマイルは岡山県北の子育て情報サイトです。子育てに関する情報を発信しています。

TOP  >  子供の病気・症状辞典  >  熱が主症状の病気  >  ぜんそく様気管支炎
トップ  >  熱が主症状の病気  >  ぜんそく様気管支炎

ぜんそく様気管支炎

 かぜをひくたびに、ゼンソクのように呼吸がゼロゼロする病気。 0〜1才の赤ちゃんに多く見られる病気で、ゼンソクのような症状が出る気管支炎という意味で、このような名前がつけられました。だからゼンソク様気管支炎と気管支ゼンソクというのは、全く別の病気。
 気管支ゼンソクはハウスダストのアレルギーが原因、ゼンソク様気管支炎はかぜがきっかけで起こるウイルス性の気管支炎がほとんどです。この時期の赤ちゃんで気管支ゼンソクを確認するのはなかなか難しいのです。ゼンソク様気管支炎があった赤ちゃんがみんな気管支ゼンソクに移行するわけでもありません。
 赤ちゃんの気管支は細く、しかもせきをする力も弱いので気管支内の粘液(たん)がたまりやすく気管支に溜まった痰(たん)が気管を細くし、その時の空気が出入りするとき、ゼロゼロ、ゼーゼーと音がします。 かぜをひいてこのような症状が出ると、かぜのたびに似た症状が出ることも。
 また眠っている間はより気道が狭くなり夜中や明け方などにひどくなり、続けざまにせきをしたり、呼吸困難を起こす場合もあります。こういう場合は入院になることもありますが、2〜3才ぐらいになると、気管も乳児のものから幼児のものに変わって、ゼンソク様気管支炎は自然に治ってきます。
 かぜと同じで特効薬はなく、基本的にこれ以上ひどくなるのを防ぎ、自分の体力で治るのを待ちます。症状が長く続いたとき、息苦しそうなとき、熱があるときは小児科を受診しましょう。
 家庭でのケアでは、せきが出やすいように水分をたくさん与えたり、せきをするときはたて抱きにして背中を軽くたたくなどしてあげましょう。熱もなく、食欲もあり、比較的元気なら消耗しない程度に入浴をさせても大丈夫です。