スマイルは岡山県北の子育て情報サイトです。子育てに関する情報を発信しています。

TOP  >  子供の病気・症状辞典  >  熱が主症状の病気  >  無菌性髄膜炎
トップ  >  熱が主症状の病気  >  無菌性髄膜炎

無菌性髄膜炎

高熱が出ますが、経過が比較的よい病気
ウィルスが原因で、急に高熱が出て、嘔吐(おうと)を伴います。頭痛があるので赤ちゃんは不機嫌です。頭に手を触れると激しく泣いたり、嫌がったります。寝ているのを起こすと、首がつっ張るので泣きます。
熱が出たあとは、大泉門・後頭部が張ってきます。
高熱が出ますが、細菌性の髄膜炎に比べると比較的軽く、後遺症が残ることは少ないようです。
【治療と家庭でのケア】
すぐに入院して治療をします。高熱でぐったりとしてきたときには、すぐに病院へ連れて行きます。髄液をとって検査しますが、髄液をとることで脳圧が下がりますので、症状が軽くなることがあります。1〜2週間で治ります。脱水予防のために点滴をします。病名の印象からか、お母さんは大変な病気になってしまったと悲観してしまうことがありますが、この病気はほとんど後遺症を残さないと言われています。