スマイルは岡山県北の子育て情報サイトです。子育てに関する情報を発信しています。

TOP  >  子供の病気・症状辞典  >  熱が主症状の病気  >  マイコプラズマ肺炎
トップ  >  熱が主症状の病気  >  マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマという病原体による、学童期に比較的多い肺炎です。4年周期の流行で6〜7ヶ月蔓延していましたが、現在その傾向は崩れつつある様です。

【症状】
 感染している人と濃厚に接触してうつります。潜伏期間は2週間前後です。
 主な症状は熱と咳(せき)です。とくに咳はひどく、喘息(ぜんそく)の子どもがマイコプラズマ肺炎に感染すると重い喘息発作を起こすことがあります。
 合併症を起こすことは少ないです。

【気づいたらどうする】
 熱とひどい咳が3〜4日以上続いたら早めに医療機関を受診してください。